痛みやシビレの原因とは

日本全国で「腰痛」に悩む人の85%は原因が特定されていません。

原因のわからなかった腰痛は「腰痛症」と呼ばれています。そういう方は病院に行くと、原因がわからないので「とりあえず様子を見ましょう。痛み止めの薬出しますね」と言われます。

 

様子をみているうちに、ある程度良くなっていきますが、またある時痛みがひどくなり結局また病院へ行くことになります。

これを繰り返しているケースがほとんどです。

 

 

つまり、

根本的に治っていないということです。

 

 

 

 

さて、

「腰痛」などの痛みやシビレを引き起こす要因、それは大きく分けると3つあります

 

①ストレス

②疲労

③骨格の歪み

 

 

 

「ストレス」が腰痛に影響を及ぼすことはすでに科学的に解明されています。

 

 

痛みを和らげる脳内のドーパミンという物質が「ストレス」がたまることで分泌されにくくなり各所に痛みを感じやすくなってしまう。

 

さらにドーパミンの影響で「自律神経」を整えていたセロトニンという脳内物質も減少し「自律神経」のバランスが崩れやすくなります。バランスが崩れると普段意識している部分や重荷をかけている部分から痛みが生じやすくなり「腰痛」や「肩こり」の原因となります。

 

 

二つ目の「疲労」ですが、身体が疲労すると血流の流れが悪くなり、痛みにもつながります。

 

 

血流が悪くなると影響が出るのが筋肉です。

血液には筋肉に溜まった「疲労物質」を回収する役割があります。血流が悪くなるとこれらの「疲労物質」がたまりやすくなり、この「疲労物質」を何とか代謝しようとする働きが「痛み」という形で現れます。

 

 

 

三つ目ですが、痛みやシビレの原因で多く取り上げられているのが「骨格の歪み」です。

 

 

 

とくに「腰痛」を抱えている人のほとんどの人は背骨が歪んでいます。

 

 

 

背骨が歪んでいると「腰」の周りの神経が圧迫され、痛みが発症します。

さらに「骨盤」が歪み連動するように「腰」の骨もずれて痛みが生じます。

 

 

 

 

そしてこれら3つに関係する

最も重要なことは、、、

 

それは

 

 

骨盤が立っている=立腰(タテゴシ)になっているか、

 

骨盤が寝ているか=寝腰(ネゴシ)になっているかです。

 

 

 

「立腰」とは、

読んで字のごとく「腰が立っていること」です。

 

もっと精確に言うと「骨盤(=仙骨)が立っていること」です。

 

この立腰(タテゴシ)こそ、

根本的に痛みのない体をつくる最重要構成要素になります。

 

 

ではなぜ「立腰」になると痛みやシビレが取れるのか?

 

「腰」は体の要であり、上半身と下半身の中心です。

 

その「腰」が正しい位置に収まりしっかり「立つ」ことで、カラダ全体がまっすぐに立つことができます。

カラダがまっすぐに立つから、「腰」や「肩」などカラダの一部分負荷がかかることがないので痛みの根本解消となるのです。

 

ですから 肩こり・腰痛をはじめとした筋骨格系疾患を根本から治し、痛みや不調と無縁の人生を送るなら「立腰」が必要不可欠!ということになります。

 

 

また「立腰」になると血液の流れも良くなり、身体の疲労も取れます。

 

まず「立腰」になると肋骨が拡がり、呼吸が深くなります。呼吸が深くなると全身の隅々にまで酸素と血液が行き渡ります。

 

すると疲労しにくくなり、疲労回復能力も格段に高まります。胸が広がり圧迫がなくなるので心臓への負担も激減します。

 

そうすると心臓がスムーズに全身に血液を送り、また心臓へと迎え入れる能力も高まります。

 

「立腰」は心筋梗塞や狭心症などの根本予防対策にもなるのです。

 

 

 

また「立腰」になると血液の流れとともに「自律神経」の流れも良くなり、精神面での効果も表れます。

 

 

呼吸が深くなり、意識して深呼吸しなくても無意識で呼吸が深くなります

 

 

呼吸が深くなると、酸素を必要としている脳にいち早く届けられます。脳に酸素が十分に届けられると、血液や栄養分も豊富に脳に届けられます。

 

仕事や勉強など「集中力」が必要とされる場面ではとくに脳に酸素が必要です。姿勢が悪く肩や首がコリ、詰まった状態だと一番肝心な脳に酸素が回らなくなります脳が酸欠状態なので集中力が持続しないし、すぐ疲れるし頭もボーッとしてしまうのです。

 

現代人は姿勢が悪く脳に酸素が十分に届いていないので、慢性的な脳疲労状態になっています。脳という生命体が十分健康体として維持できるだけの酸素が足りていません。脳の酸欠状態から頭痛が起きたりもします。

 

 

 

脳にも大脳、大脳辺縁系、脳幹、小脳など、色んな箇所がありますが、脳が酸欠状態で最も深刻なダメージを受けるのは、生命脳と呼ばれる脳幹です

呼吸、脈拍、排泄、体温調節など、生命がまず生きていくのに欠かせない脳の中心部が脳幹です。そこに一番酸素が必要なのです。

 

脳が酸欠になり脳幹が疲労すると呼吸の乱れや動悸、脈拍の異常が起きたり、体温調節がうまくいかなくなります

いわゆる「自律神経失調症」と言われるような症状が出ます。

 

 

これは脳を酸欠状態にしていることが根本原因です

 

脳が疲労すると、

 ・集中できない

・注意力が散漫になる

・じっとしていられなくなる

・持続力がなくなる、

・何ごとも面倒くさく感じるようになる

・常に頭がボーッとしてスッキリしない

・慢性的に頭痛がする

・常に息苦しい

・目が疲れる

 

などと言った状態になります。

 

しかし、

「立腰」するとこれらの症状を根本解決し、根本的に予防することができるのです。

自律神経失調症というのも「立腰」で解決できます

 

 

つまり痛みや不調と無縁の人生を送るなら

「立腰」が必要不可欠!!ということです。