腰痛症

おはようございます。

立腰整体ここからスマイル

院長の堀田です。

 

 

日本人で「腰痛」に悩む人、そのほとんどが原因が特定されていないそうです。

{773A9610-A40F-4E72-BD7C-CC178A032A73}

原因のわからなかった腰痛は「腰痛症」と呼ばれています。

そういう方は病院に行くと必ず、

「とりあえず様子を見ましょう。」

「痛み止めのお薬出しときますね」

と言われて帰されます。

 

様子をみているうちにある程度良くなりますが、また痛みが出て病院へ行くことになります。

これを繰り返しているケースがほとんどです。

 

つまり根本的に治っていないということですね。

 

 

 

 

さて「腰痛」を引き起こす要因ですが、大きく分けると3つあります

 

ストレス

・血流の滞り

・骨格の歪み

 

 

「ストレス」が腰痛に影響を及ぼすことは科学的に解明されています。

痛みを和らげる脳内のドーパミンという物質が「ストレス」がたまることで分泌されにくくなり、痛みを感じやすくなる。

{BC7ECACE-DAFA-40DF-A398-582AFA5169CE}

 

さらにドーパミンの影響で「自律神経」を整えていたセロトニンという脳内物質も減少し「自律神経」のバランスが崩れやすくなります。

バランスが崩れると普段意識している部分や重荷をかけている部分から痛みが生じやすくなり「腰痛」や「肩こり」の原因となります。

 

 

二つ目の「血流の滞り」ですが、血流が悪くなると痛みにもつながります。

 

{C20E7EF8-8E11-4739-81CA-F5F529AD3414}
血流が悪くなると影響が出るのが筋肉です。

血液には筋肉に溜まった「疲労物質」を回収する役割があります。

血流が悪くなるとこれらの「疲労物質」がたまりやすくなり、この「疲労物質」を何とか代謝しようとする働きが「腰痛」という形で現れます。

 

 

 

最後に「腰痛」の原因で多く取り上げられているのが「骨格の歪み」です。

{0CD06F81-4186-4E5A-8FF0-8B061546853D}

 

とくに「腰痛」を抱えている人のほとんどの人は背骨が歪んでいます。背骨が歪んでいると「腰」の周りの神経が圧迫され、痛みが発症します。

さらに「骨盤」が歪み連動するように「腰」の骨もずれて痛みが生じます。

 

 

 

そしてこれらに影響する最も重要なことは何か!?

 

それは、、

 

 

 

 

 

腰が立っている「立腰(タテゴシ)」か?

寝ている「寝腰(ネゴシ)」か?

 

です!

 

 

「立腰」とは、読んで字のごとく「腰が立っていること」です。

 

もっと精確に言うと「骨盤(=仙骨)が立っていること」です。

 

この「立腰」こそ!根本的に痛みのない体をつくる最重要構成要素です!

 

 

 

あなたの腰、立ってますか?

 

 

 

 

 

石川県野々市にある慢性腰痛専門の整体院!!

立腰整体ここからスマイル

院長 堀田昌志

090-1390-2135

ホームページ http://kokokarasmile.com/

日本立腰協会認定

・立腰整体師

・立腰トレーナー

・立腰トレーナー養成指導員

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください