むくみの原因と対策

おはようございます。

立腰整体ここからスマイル

院長の堀田です。

 

当院には女性の方が多く来られます。

その中には、下半身のむくみで悩んでいる方も多いです。

下半身がむくむと、靴下のあとがなかなか消えなかったり、足が冷えたりします。

 

またむくんだ足を見られたくないので、ずっとスカートを履いていない方も。。。

 

 

ではなぜ足がむくむのか?

 

それは、

あるクセがあるからです!

 

座ったときに


・内股になっている
・つま先立ちになっている
・足がイスの足に絡みついている

などです。

 

{5393D7BC-1287-4C80-A34F-9D4732066B9D}



座り方にこういうクセがあると、下半身がむくみやすくなります。

なぜかというと、下半身の血液やリンパ液の流れが悪くなり、下半身にたまりやすくなるからです。

座り方に間違ったクセがあると、そけい部(股の付け根)にある太い血管やリンパ管が圧迫されて、血液やリンパ液が流れにくくなります。

{3444D55F-309D-47C9-AE88-0529B37EBC25}

しかし間違ったクセがなくなり、正しく座れるようになれば、血流やリンパの流れが良くなり、下半身のむくみもなくなります。

 

では正しい座り方というのは?

それは足の裏がペタリと床についていて、スネ(脛骨)が地面に対してまっすぐに立っていることです。

またこの正しい座り方は、

腰(骨盤)が立ってないとできません。

 

 


後ろに倒れている腰(骨盤)が前に起きて立つことです。

 

{4756029A-C071-4A15-8E18-57A296718361}



腰が立つと自然と正しい座り方になるんですね。

 

 

 

実際当院に来られる方は、タテゴシ体操を実践すると腰が立って姿勢もよくなり、正しい座り方ができるようになっています。

そういう状態になると逆に、間違った座り方が出来なくなります。


あなたもぜひ正しい座り方を体感してください。

 

 

 

 

石川県野々市にある慢性腰痛専門の整体院

立腰整体ここからスマイル

院長 堀田昌志

090-1390-2135

 

 

日本立腰協会認定

・立腰整体師

・立腰トレーナー

・立腰トレーナー養成指導員

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください